« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006年8月

ニンテンドウDS

僕は最近やたらとニンテンドウDSが欲しくて、地元のゲームショップなどを探したが、全然売ってない

どこの店の人もそろって同じことを言う。

  

「最近品薄なんですよ。次回入荷も未定ですし、入ったとしてもいくつ入るかわからないので予約もしていません。」

  

でもやっぱ欲しいものは欲しい!諦めず予約している店が無いかいろいろとあたってみることにした。

でもやっぱ無い・・・

  

昨日、就職活動で新橋に行ってきたので、帰りがけに秋葉原に寄ってみることにした。

秋葉原といえば電気街!なので、どこかにはあるんじゃないか。そんな期待を持ってみた。

秋葉原に到着。改札を出てビックリ!目に入る建物すべてが電気屋さんといっても過言ではない。

実は今まで秋葉原に来たことは無い。想像以上の店の数だったので期待が膨らんだ!

  

都会なんだけどなんか違う・・・

  

東京の他の街に比べると歩いている人の種類が違う。いわゆるアキバ系・・

荷物がやたらと多い!!

店自体の雰囲気もやっぱ違う。やたらアニメ系が多かったり、見たことも無いようなアイドルのポスター、フィギュアなどなど。

普通の店も多いけど、やたらとアキバ系の店が目だって仕方なかった。

  

秋葉原の色々な店を回って早2時間。いまだ成果は無く、ニンテンドウDSを置いている店は無い。

どこも状況は同じなんだ・・・

そう落胆して僕は帰路につくことにした。

  

そして今日!!

研究室に行く前に学校の近くのゲームショップに行ってみることにした。

僕  「ニンテンドウDSって在庫あったりしますか?」

店員 「すいません、置いてないんですよ。」

僕  「入る予定とかも無いですか?」

店員 「それも無いですね・・・でも、もしかしたらイオンとかヨーカドーなら任天堂から大量入荷されるはずなんで、在庫無くても予約とかしてるかもしれないですよ!」

僕  「マジすか!?ありがとうございます!!」

いい情報を得たと思い店を出た。

 

研究室に着き、一通り研究をして5時くらいに学校を出た!

  

駅前にイオンとヨーカドーがあるのでT君とニンテンドウDS探をしに行くことに!と、言っても在庫があることは期待していなく、予約ができればと思って行った。

まずはイオン。ニンテンドウDSコーナー発見!

「只今、在庫を切らしております。次回入荷も未定のため、取り置き、予約は受け付けておりません。」

そんなことを書いた張り紙があったので、諦め今度はヨーカドーに行くことに!

ゲームコーナー発見!

予約受付リストを見つけみてみるとソフトばかりで肝心の本体は無い・・

  

やっぱ無いのかな・・・・

  

そんな風に思っていると、ゲームコーナーの端からT君の声が!

  

T君 「あったよ!!!」

僕  「え?」

T君 「ニンテンドウDSあったよ!!!」

僕  「マジでぇ?」

T君 「ほら、あるじゃん!!」

僕  「マジだぁぁぁぁぁぁーーーー!!!!」

  

僕のテンションMAX!!

それを手に取り早速レジへ。

お金を払い終わり、晴れて僕のものになった!

レジの内側にはニンテンドウDSの箱がかなり積まれていた。ぱっと見た感じ30個近くはあったに違いない・・

  

無いものでもあるところにはあるんだなと改めて思った。

D1000011  

 

 

 

 

 

 

 

これ、今日買ったDSとソフト!

これから軽く遊んでから寝ようと思います!!

  

T君、ありがとう!!君があそこで見つけてくれなかったら、僕は諦めて帰っているところだったよ・・

| | コメント (3) | トラックバック (1)

福島くんの弟、健太くんと・・

前回の更新から1週間もあいてしまいました・・・

いちおう、夏休み中なのですがホントに夏休みと言えるのはお盆だけだったので、思いっ切り遊んでました!!

で、

今日は、弟と東京ドームに野球を見に行ってきました!

僕は、野球を見れればそれで良かったのですが、弟は野球よりもジャンプショップやらいろんなところに行きたかったらしく18時にプレーボールにもかかわらず14時半に現地到着。

ゲームセンターやラクーアなどを経由して、弟の本来の目的であるジャンプショップに!

僕 「スゲーー!!」

弟よりも先に発狂してしまった・・・

僕の大好きなドラゴンボール、ワンピースなどのグッツがめっちゃあって見とれてしまった。やっぱまだまだ僕は子供なのかな・・?

欲しいものがいくつかあったが、置く場所も無いので断念。弟は、色々と悩んだ末に1枚のTシャツを買っていた。

僕は思いのほかジャンプショップを満喫していた。

店を出た僕らは、朝から何も食べていなかったのでハンバーガーショップを見つけ軽食をとることにした。

暑さと歩き回ったせいで弟が疲れた様子だったのでドームに入ることに。

前回は前から25列前後で結構近く感じたが、今回は前から13列目!!

めっちゃ近い!!!

今までこんなんに近かったことは無かったので、席の位置だけでテンションがあがってしまった。

D1000010   

  

  

  

  

  

  

 

上の写真は弟の観戦している様子。

ちなみに今日は巨人対中日。

いい試合を期待していたのだが、残念ながら巨人は1対6と大敗・・・

でも、久々に弟と出かけて楽しい1日だった。

ふと、思ったことがあった、電車の中でも球場でもなのだが、ふと弟のほうを見てみるとほぼ僕と同じような格好をしている。

兄弟だからかな?なんて思ったりした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

電車 その2

昨日の続きです。

今日の主人公はめがねの男の方ではなく、女の子2人組!とりあえず僕の斜め前の子をA子、隣の子をB子としておくことにする。

    

電車が発車してから、しばらく経っていた。もうこの時点で僕は小説を読む集中力を切らして外を眺めていた。

やはり何もしていないと周りの話し声などが気になる。

A子とB子はどうやら、どこかに遊びに行ってきた帰りらしい。

A子 「今日楽しかったね。」

B子 「そうだね。」

みたいな感じで盛り上がっている。

まぁ、そんなことはいいとして。

ここから本題!

しばらくして隣のボックス席からA子に話しかける人物が・・・

ちなみに20歳前後の男。この人をタンクトップとしておこう。

タンクトップ 「おぉ、A子じゃん!久しぶり、大学はどう?」

みたいな感じで、会話が始まった。どうやら高校か中学が一緒だったらしい。

A子とタンクトップが盛り上がっている間B子は放置・・・

B子とタンクトップは面識が無いらしい。

かわいそう・・

そんな時間がどれくらい経ったかはわからないけど、A子が下車。

おもむろにタンクトップが立ち上がり、今までA子のいた席に!

そして、B子に話しかけた。

タンクトップ 「A子の友達?俺、タンクトップって言うんだ、よろしく!」

タンクトップ 「名前なんていうの?」

??

タンクトップ 「良かったらアドレス教えてよ!!」

?????????

え?え??

も・し・か・し・て、

これって、これって、ナンパとかいうやつ・・・??

ここ電車だけど・・・

しかも、こんな間近でナンパの現場を目撃したのは初めて。

なかなかタンクトップはしつこくB子に対してマシンガンのように話し続けた。B子は軽く流し気味。

まぁ、そらそうだよな、ただの迷惑ってやつだよね。

B子は目的の駅に着いたようで、下車。

タンクトップはちょっとイラついたような感じで、違う車両へと移動していった。

マジでビックリした!!

だって電車じゃん?街中だったらチラホラ見かけるけどさ。

しかも電車って街中と違って逃げ場が無いからね・・

なんか最近、変な人に会う確率高いかも・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

電車

これは昨日の帰りの電車での出来事。

千葉駅で乗り換えた僕はボックス席に座った。そして2人組の女の子が僕の横と斜め前に座った。

そこからまた数分後、めがねの男が乗ってきた。

これでボックス席は僕を含め4人になった!

ここでありえないと思う出来事が2つあった。

       

その1「めがねの男」

電車が発車して数分後。

彼の電話が鳴った。マナーモードにしでいなっかたらしく着信音が鳴り響いた。

彼はなにやら迷ったような表情、どうやら電話らしい。

「まぁ、電車の中だし出ないだろ。」

僕はそう思ったが、彼は出た・・

しかも声めっちゃデカイ!!

その時僕は小説を読んでいたのだが、うるさくて集中できない。キリのいいとこまで読んで、外を眺めていた。

ふと彼の方に耳を傾けてみると、どうやらネットゲームの話らしい。

彼 「そうそう・・あいつね。」

彼 「マジで?俺なんかレベル80で無理だよ。」

彼 「わかった。じゃあ後で行くよ!」

こんな感じの会話。

たぶんこの時点で電話しだしてから20分くらいは経っているはず。しかし、まだ終わりそうな感じはしない・・・

さらに10分位してやっと終わった。

今度はかばんの中からPSP。これなら迷惑にはならない。

と思ったら、かばんに戻した。

???

しかも、そのままかばんの中でやってるらしい。

「どうせやるなら、かばんから出してやればいいのに。」と思った。

だいぶ空いてきた。隣のボックス席が空いたので彼は移動した。

そこで彼は、靴を履いたまま前の座席に足を乗せて、PSPをまたやっている。

確かに、人いないから前の座席に足乗せても許せると思うよ。

でも、最低限のルールとして靴は脱ぐべきでしょ!

次に座る人のこと考えてないんだろうなって思いました。

これからレポートをやらないといけないのでもうひとつの話は明日にします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今日もまた房総に

前回の更新から2日もあいてしまいました・・・

前回、房総に走りに行ったときは一人で行ったのですが今日はT君と行ってきました。もともとは昨日行く予定だったのが、あいにく昨日は朝帰り。家に着いて軽く寝てからいこうと考えていたのですが、体はやっぱり正直なもので起きてビックリ夜の8時でした。

今日は11時に起床!

ちなみにT君は昨日は僕の家に泊まりでした。

準備をして11時半過ぎに出発。

とりあえず鴨川方面にということで、いざ房総スカイラインへ!朝食を取ってこなかったので途中のお食事処のような店(前回ブルーベリーのソフトクリームを食べた店)に寄り遅めの朝食というよりも昼食を取ることに!

夏といえば冷し中華!!ってことで2人とも冷し中華を食べることに。注文してから約5分。

店員 「冷し中華でお待ちのお客様お待たせしました!」

取りに行ってビックリ。かなりの大盛

起きてから1時間余りしかたっていない僕らには多すぎるくらいの量である。

案の定、食べ終えると満腹のあまり、すぐ動く気にはならなかった。

まぁこんなときは、とりあえず食後の一服

そして、この後どういった経路で行くかを話し合った結果、結局のところ鴨川まで行ってからまた考えることに。

で、出発。

房総スカイラインを抜け、鴨川まであと数キロというところで、「道の駅」発見。

また休憩!

ここでは何をするわけでもなく、ただ会話をしながら普通に休んでいた。

日曜日なので鴨川に入ってからの道が混んでいると思ったが、全然すいている。あっという間に鴨川シーワールド付近に。

流れに沿って僕のバイクは鴨川シーワールドの駐車場に。

D1000005 やはりこの時期、家族連れやカップルが多い。

駐車場の警備のお兄さんは、男二人の僕らを変な目で・・・

普通に考えれば変かもしれない。

しかし僕らの目的はシーワールドではなく海岸で休憩をするためなわけだから決して変ではない。

そして途中すれ違ったカップルにも変な目で・・・

「さっきからいったい何なのだ!?君たちは何をどう勘違いしているのだい??」

ちょっとムカついた。

んな感じで海岸へ。

やっぱ海はいい!!波の音を聞いていると落ち着くし、塩の香りも落ち着くし!!

日ごろのストレスを発散できた感じなので、出ることに。

話し合いの結果、下って千倉方面に行くことに。

しかし、めっちゃ道混んでる・・・

で、上ることにした。

勝浦近辺で「かつうら海中公園」という看板発見。

興味本意で行くことに。

しかし、

道がわかりにくい。1つ曲がる道を間違ったらしく、あと10キロという看板から15キロほど走ってやっと着いた。

着いたはいいものの、想像とまったく違う・・

しばらく休憩をした後に出発。

国道に戻り、しばらく北上!

御宿、やっぱり今日も人が多かった。そして通過。

いろいろ考えた結果、茂原まで上って内房に戻るという遠回りな行き方で行くことに。

茂原まで約25キロもある。

さすがに疲れた。

レトロな喫茶店発見、休憩!!

店内は外観同様レトロな音楽が。

「なんか落ち着く!!」

ブレンドコーヒーを注文。

「うまい!!」

ここの雰囲気を気に入ってしまい出るのがおっくうモード

結局30分ほど休憩。

でも、この時間のおかげでかなり回復!!

再び走り出し、渋滞の中、茂原になんとか着いた。

えっと、茂原から木更津まではっと、

・・・・・40キロ。

しかも、牛久のコンビニあたりまではものすごい山道。

しかし、走る分には面白い道なので苦は無い!

でも夜ということで、僕のライトの暗いバイクでは危ないので、スピードをかなり落として、この難関は突破することに成功!!

牛久のコンビニでコーヒーを買い、休憩。

後は、慣れた道なので休憩することも無くまっすぐ家に向かった。

家に帰った僕は、まずお風呂!!

今日の疲れをほぐすため長風呂。

振り返ってみると、疲れたものの有意義な時間を過ごせたし、間に休憩をかなり挟んだので時間の割りに疲れは無い。

今日の走行時間、約9時間(休憩含む)。

今日の走行距離、約180キロ。

では、おやすみなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デザイン変更

してみました!

これ、クジラなのでしょうか?それとも巨大な白イルカなのでしょうか??

まぁ僕はどっちでもいいんですけど、

皆さんどっちだと思います?

このデザインにした理由なんですが、一目惚れ

なんか、すごいいい表情してると思いません?癒されるっていうか、何も考えてなさそうなこの表情。

        

で、今日は、また学校に行ってきました。

研究室にね。

今日は実際やりたいことがあったんで、いつもより早く行こうと思っていたんです。

   

が、寝坊してしまいました・・・

   

昨日の夜、目覚ましを8時半にセット!!

7時頃にやたら寝苦しく起きてしまった。室温を見ると、この時間にして30℃・・(ちなみに僕の部屋は夏場はエアコンをつけていないと外気温より室温が上がってしまうんです。)

エアコンをつけて再び眠りにつきました。

しばらくして自然に目が覚めた。「こんなことはめずらしい。いつもなら目覚まし鳴るまで熟睡なのに。」

そう思って時計を見ると、

・・・・・・・・・ん??

「11:30」

じゅういちじはん・・・?

目覚ましの前に起きたのではなく。目覚ましが鳴っても起きなかったらしい。

過ぎたことは仕方が無い。すぐに支度をして、いざ学校へ!

やりたかったことは明日やることにし、まず今やるべきことから終わらそう。2時間程パソコンと格闘!なんとか無事終了。

その後、研究室の勉強会と称した集まりがあり、それを終えてすぐに学校を出た。

明日こそは今日やろうと思っていたことをやろう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

研究室

夏休みに入ったにもかかわらず今日は学校に登校。

何のため?

そう思う人は多い人はと思うが、研究室に行かなくてはならないため。

マジでうんざり・・・

僕の所属する研究室は、やることが無くてもとりあえず行かなくてはならない!!しかも行ったら行ったで怒られることも多々ある。理由は「滞在時間が少ない」だの「来る時間帯が遅い」だの。それに教授から直々に電話もかかってきちゃたりもする。

それは夏休みになってもほぼ変わらない。

本来ならば大学生の夏休みというものは2ヶ月近くあるもの。

夏休み前に教授から言われたこと、それは、

「2週間は休みやるよ。」

「午前中に来てなかったら電話をするからな。」

正直びっくりしてしまった。

休みが2週間しかない。これは、研究を進めなくてはいけないから考え方によっては仕方ないと思える。

問題は午前中に来なくてはならないということ。やることによって自分でやるペースを考えて時間配分をすればいいんではないかなと僕は思ってしまう。

そもそも卒業研究が今後の人生・社会生活において必要なのだろうか。関連のある会社に入れば話は別かもしれない・・しかし、そういった人は少ないに違いないと思う。

間違いなく経験としてはプラスになると思うが、やっぱり気が進まない・・・

でも、ただ自分が甘えてるだけなのかな。

愚痴の寄せ集めのような記事になってしまい、申し訳ありません。

また明日から前向きに

ガンバリマス!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

10日ぶり東京進出

今日は朝から電車に揺られ東京へ!

その目的は

就職活動!!

前にブログに書き込んだように、僕は留年して2回目の大学4年生。それに加えてこの時期に内定を貰えてないというダメダメぶりである・・・

今までの期間、就活を怠けていたかというと、そんなわけでもない!

僕なりに頑張ってきたのに成果が全くでない。しかもこの時期になるとかなり焦ってくるし、スーツがかなり暑い。

今日はお疲れなので、もう寝ます。

オヤスミナサイ・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏休み突入

珍しく早めの起床!

今日はこれといった予定は何も無く、何をして1日を過ごすか考えているとT君から遊びのお誘いメール。

時間を持て余していたので遊ぶことに決定!

でも、T君は昼過ぎまで予定があったため千葉に夕方4時半に待ち合わせ。

電車に乗り到着。

僕  「なにする?」

T君 「とりあえずスタバにでも行くか。」

いきなりの休憩が決定!

スタバ到着。

・・・・・席が無い!!

その後、千葉を徘徊し聞いたことの無いコーヒーショップを見つけ店内に入った。

そこでは世間話やこの後どうするかを考えながら、主に人間観察

そして、映画を見ることに決定。

店を出て歩きながら、僕の自己中心的な発言

「パルコ行っていい?」

そしてパルコ到着。

色々なものを見ながら、僕は1枚のポロシャツを購入!その後もいろいろと店内を徘徊。

そしてまた、僕の自己中心的な発言

「ゲーセン行こ!!」

この発言にT君は嫌な顔せずゲーセンに同行してくれた。

123 久々のクレーンゲームで取れる自信は無かったが、そこでの戦利品が、この写真の「ザク」と「ドム」。

難なく取ることができた。

僕は満足。

ここに来てやっと、映画館に向かうことにした、

が、

時間の関係で映画を断念することになってしまった。

マジ申し訳ない・・

心の中でそう思った。

でも、T君は不満を漏らすことも無く、晩御飯を食べに行くことに!

腹ペコの僕らは、迷いながらも「牛角」に到着。

高校生の集団がいて30分も待つことに・・

席につきビールで乾杯!

その後は、色々な話をしながら肉に食らいついた。

ビールも無くなり焼酎のボトルを注文。

安いボトルだったので味は期待はしていなかったが、これがはるかに期待を裏切ってくれた!!

かなりマズイ・・・・

テンションが一気に下がってしまったが、気にしないようにし食事再開。

終電も近づいてきたので店を出て、帰路についた。

今日の教訓。

「知らない安酒は控えよう!!」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »